ブルーベリーの栄養 ビタミン編

ブルーベリーの栄養 ビタミン編

現代人にとってコンピュータなどのネット環境は、もはや欠かせません。
眼精疲労やドライアイなどはほとんどの現代人が抱えていると言っても過言ではなく、過酷な労働状況も手伝って皆疲労しています。

 

そうしたなか食事だけでは補いきれない栄養をサプリメントなどで摂る人が増えているようです。
眼精疲労にとっては、効果が期待できる成分といえばポリフェノールの一種であるアントシアニンやルテインなどのほか、タウリンやDHAなどが有名ですが、忘れてはいけないのがビタミン類です。
目によいサプリメントの筆頭にまず挙げられるのは、ブルーベリーでしょう。

 

眼精疲労に効果を発揮するビタミンとしては、AやB群をはじめCやEが代表的な成分ですが、ブルーベリーには豊富に含まれています。
Aは目の粘膜を保護するばかりでなく疲労回復にも欠かせないもので、不足すると目が見えにくくなります。
B群はエネルギー代謝を促し、細胞の再生を活発にさせる働きです。
Cは活性酸素の発生を抑え、Eは血行をよくするだけでなく、目の老化を防ぐ役割もあります。

 

ブルーベリーといえばポリフェノールと思われていますが、ビタミン類も豊富でとても栄養が豊かです。
複合的に摂取することで相乗効果が得られやすいため、最適なバランスで含有するブルーベリーはまさに栄養の宝庫だといえます。